<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

オンライン交流会とシナリオ歓談、始めました

「冷やし中華、始めました」みたいなノリですが
7月から新しいことを始めたので、お知らせいたします。


■土曜日のシナリオ歓談

「下村のTwitterのスペース」にて、
ストーリー創作について話し合う「シナリオ歓談」を始めました。

FYa8jwjaAAEgFZw.jpg

数年前から、シナリオ関係者から
「対談をやらないか?」
「作品を知ってもらえるキッカケになるし、業界に希望も与えられる」
――
そんな話が出ていたのですが、コロナ禍で直接、会いにくい状況になってしまった。
YouTubeだと、機材とか編集が大変そうだけど
「Twitterのスペースなら、気軽に開けないだろうか?」
そんな考えに至り、このたび始めてみることにした運びとなります。

無論、NDAに反するような制作の裏側は(インタビューで発言した内容以外)語らない。
だけどシナリオへの向き合い方や各クリエイターの紹介、応援してくれる方へのお礼
そして「同じエンタメ業界で働く方々に、希望や楽しさの灯火を見せることができる」――
特に新人さんや志望者さんには「そんなことになってるんだ!」と
ぼくらが昔、知りたかった/知っていたら助かったであろうことを伝えられる。

そんなふうに思い
土曜日の17時」「ラジオ感覚」「やれる範囲」で、やってみることに。

コロナ禍で元気がなくなってしまった人たち、
ネガティブ情報にうんざりしてしまった方々に少しでも
光を灯せば良いな、なんて思います。


■クリエイター交流会のオンラインでの復活

そして――「コロナ禍などに、負けていられない」という想い
「オンライン交流会を開こう」というものにも結びつき、
以前から開いていた「クリエイター交流会」を復活させることにしました。

FYpgv5aaAAIyR8P.jpg

zoomやDiscordだと、どうしても距離感を掴むのが難しい。
リアルで開いていた時の感覚に近い環境で、どうにかできないか?


こんな課題があったのですが、最近良いツールを知れた為、これを用いて
「毎月の下旬、金や土曜日に20名程度で、オンラインで開く」
ということも続けていってみようと、思ったわけです。

下村のTwitterを拝見している方なら察しがつくと思いますが、最近は――

「2時前後に起床」「朝・昼・晩のジョギング&アニメ鑑賞を家で行いながら」
「きっちり8時間、創作に打ちこみ、なお余裕がある
(自主的な制作も含め、毎日10時間以上稼働してもなお
 体力、精神力、時間の余裕がある)」


という「長年のコンディション管理研究」が功を奏した結果から
「今まで出来なかったことをやっていこう」
「特にお世話になった方に、恩を返せるようにしたい」

こう思い、お付き合いのある会社の方々から、よく聞いていた――

 ・シナリオライターと出会える機会が、減ってしまった
 ・どんなものが得意で、どれだけ熱意があるのか、事前に知るのが難しい
 ・定期的に「刺激を与え合う機会」が欲しい


 これを叶えようと、思ったのでした。
 同業である、シナリオライターさんたちからも
「そもそも、新しい方に知ってもらえる機会が減ってしまった」ので
「熱意があっても、仕事が成立するチャンスが減っている」――
 こんな言葉をたくさん、聞いたからには
「これは業界にとって、あまりよくない流れだろう」と思い、一肌脱ぐことにしました。

 10年以上の付き合いの、戦友と言えるディレクターさんには
「それ、下さんがやることじゃないよ(会社の他のスタッフに任せなよ)」
 なんて微笑まれたこともあるのですが、自分じゃなければ出来ないこと、
 自分であれば集まって下さる方もいる――
 そう思い、これまたやれる範囲で、やっていく予定です。



 以上。
 今後も創作に限らず、バシバシ動いていくので、
 気軽にお付き合いいただけますと幸いです。

| 告知 | 12時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://gamequalia.blog.fc2.com/tb.php/185-3f85c7f5

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>