>> EDIT

お仕事のお引き受けに関して

●経歴

 2007年にIPものの家庭用ゲームシナリオで業界デビューし、
 以降オリジナルや原作ものに加え企画の持ち込みも行い、
 ソーシャルゲームでは10年以上、お仕事をお引き受けしております。

 「ゲーム」の他「アニメ」「マンガ」のストーリー制作で
 関わった作品数は200本を越えました。



●得意ジャンルと取引先

 お問い合わせが多いのが「SF」「ファンタジー」「ミステリ」「青春・恋愛もの」の4つ。
 オリジナルでも、版権(IP)ものでも、どちらでも対応可能です。

 取引先として――

▼ネットイース/NetEase
(担当作はアニメ化/スマホゲーム売上世界1位2億DLを記録した『陰陽師(阴阳师)』



▼株式会社セガ/SEGA
(担当作は映画化TVアニメ化/最高売上2位の『
チェインクロニクル』など)




▼株式会社KADOKAWA、DeNA
(アニメ化作『天華百剣 -斬-』『未来日記』のゲームシナリオ制作、マンガ原作など)



※『陰陽師』『チェインクロニクル』『天華百剣 -斬-』の3作が
 アニメ化までいった、スマホゲームでの代表作です。

 特に『陰陽師』は世界1位の売上も記録しました。


 ---------------------------------------------------------------------------
 ★「この10年でゲームシナリオ業界に起こった5つの変化──
   それは『チェンクロ』『グラブル』『FGO』から始まった」


  「電ファミニコゲーマー」でも、
  Qualia(クオリア)とシナリオ担当作『チェンクロ』について、触れていただいてます。
 https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/200408a
 ---------------------------------------------------------------------------

 他、スパイク・チュンソフト様(担当作は海外評価の高い『極限脱出シリーズ』など)
 MAGES.様(Memories Offや各種版権もののゲームシナリオ制作)など
 ADV(アドベンチャーゲーム)やRPGを制作している会社様からのご相談が多いです。




▼タカラトミー/ガイナ
ゲーム以外では最近「アニメのシリーズ構成と脚本の仕事」も増え、
企画・世界キャラ設定から協力させていただいているタカラトミー原作のアニメ
『キャップ革命 ボトルマン』『キャップ革命 ボトルマンDX』のホビーが
「年間10万個売れればヒット」の世界で、
 合計「130万個も売れる大ヒット」となりました

文字色
https://diamond.jp/articles/-/312022






●対応可能な作業

 
 スマホ/コンシューマ/steam/アーケード/ブラウザ/ボードゲーム、
 アニメ、Webtoon、マンガ、ボイスドラマ、小説/ライトノベル、ミュージックビデオ、
 NFT、ブロックチェーンゲーム、メタバースにおけるテキスト関連全般


・企画原作/企画サポート
・世界設定、キャラクター設定
・プロット/フローチャート/シナリオ/歌詞の制作
・メインライターのフォロー
・プロデュース、シナリオディレクション
・シナリオ展開法などのコンサルティング、講義
・フレーバー、キャラセリフなどのシステム文章作成
・ローカライズ(二次翻訳など)

 設定や文章が必要とされる、あらゆる分野で腕が振るえます



●クオリアの強み

 多くのクライアント様に喜ばれていることのひとつに
「ゲームシステムとシナリオの噛み合わせ(ゲームならではの相乗効果)」があります。
 ようは作ろうとしているゲームシステムに合った
 シナリオの形、分量、表現の仕方、驚きのある
 ギミックなどをご提案、執筆することが可能です。

 運営10周年となる、セガの『チェインクロニクル』は
「メインシナリオ」「キャラクターシナリオ」「イベントシナリオ」の3種――
 今日では『FGO』を始めとした多くのスマホゲームの構造基盤となった、
 エポックメイキングな作品
として、ゲーム業界の歴史に刻まれています。


 ▼日本モバイルゲーム産業史
 https://news.denfaminicogamer.jp/japan-mobile-game-history


 中国で「一般層にまで広まり、社会現象になった」とまで言われる『陰陽師』もまた
『チェインクロニクル』で培ったノウハウと、家庭用ゲームでもお馴染みの
「3Dキャラを用いた、観劇やアニメに近いシナリオ展開」を展開し、
 大ヒット――その後の中国のスマホゲーム業界に大きな影響を与えました。


 ▼NetEase公認の制作秘話インタビュー
 https://mp.weixin.qq.com/s/nbNpDpn0xFHw6fJ5WYpk7Q


 任天堂3DSの『脱出アドベンチャー』シリーズでは
「ゲームならではの仕掛け」を毎回用意し、
 1作目の『旧校舎の少女』が2012年のダウンロードソフトで唯一
 アドベンチャーゲームで売り上げトップ20位にランクイン

 10周年&8作も続く、記録的な長期シリーズ作となりました。
 アークシステムワークス35周年の総選挙でも
 『ギルティギア』『ブレイブルー』シリーズに次ぐ5位に入選
 https://www.arcsystemworks.jp/35th/series/
 

▼『脱出アドベンチャーシリーズ』ポータルサイト
 https://www.arcsystemworks.jp/mnd_p/


 15年の場数から、システムや運営法からゲームを提案できる為、
 最近は新規IPを企画・原作から創って欲しい」という相談も多くなっています
(株式会社アカツキのシナリオチーム“ROOTS”のリーダー水野崇志さんと
 下村の対談でも、このあたりについて触れさせていただいております)


 ▼名作ゲームの裏に「シナリオ」の妙技あり
 Akatsuki VOICE(アカツキ ボイス)

https://voice.aktsk.jp/5118/

skjkajlska.jpg


ご興味を持って下さる会社様には
下村が会社様に合った企画書を作成・選出し、持ち込みを行う

ということもしております。

「常駐は出来ますか?」
「世界観・キャラ設定、シナリオ構成からガッツリ頼めます?」
「アドバイザー/コンサルだけでもお願いできないか?」


こういうご相談も、多いです。


スケジュールやスタッフなど、条件は常に流動しておりますので
少しでもご興味を持っていただけたら、気軽にご連絡ください
企画書が出来ていなかったり、お金が現時点では発生しない、
 仕事と呼べるかわからない状態でも、ウェルカムです

 一緒にコアから、二人三脚で創っていきましょう!)




●体制について

 受注の場合まず、どういったジャンルで、なにがいつまでに求められるのか。
 ご相談いただいた内容について、スタッフが詳しいお話をヒアリングいたします。

 その後、案件に合った少数のライターを選出、
 またはライターチームを結成し、積極的にアイデアを提供、
 17年間守り続けてきたスケジュール/クオリティを担保いたします。



★オマケ:Qualiaのインタビュー紹介


・ゲームシナリオとは/大阪芸術大学スカイキャンパス





・日本ゲームシナリオライター協会(JAGSA)インタビュー



・プロが選ぶオススメの物語創作指南書3冊
 シナリオライター・下村健選/フィルムアート社

https://dengekionline.com/elem/000/001/652/1652887/
『SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術』や『シド・フィールドの脚本術』など
数々の創作指南書を出版されているフィルムアート社様より
「プロのシナリオライターが本当に推す3冊をご紹介いただきたい」とご相談をもらい
下村が、推薦と共にその理由やノウハウを執筆させていただきました。


・名作ゲームの裏に「シナリオ」の妙技あり
株式会社アカツキ/アカツキゲームス

https://voice.aktsk.jp/5118/
株式会社アカツキのシナリオチーム
“ROOTS”のリーダー水野崇志さんと下村が対談させていただきました。


・『チェンクロ』開発者インタビュー シナリオ編。帰還篇は今まで体験したことのない物語/株式会社セガ
https://dengekionline.com/elem/000/001/652/1652887/
第1部の世界設定・キャラ設定協力、シナリオから担当させていただいてる
アニメ化作、セガの『チェインクロニクル』について、インタビューいただきました。


・スマホゲーム『陰陽師』の制作裏話/Net Ease
 https://mp.weixin.qq.com/s/nbNpDpn0xFHw6fJ5WYpk7Q
中国で2.5億ダウンロード、世界1位の売り上げを記録、アニメ化もした
大ヒット作『陰陽師』の制作裏話について、インタビューいただきました。



他に「・ファミ通のインタビュー(2021.1.28発売号)」など
何件かありますが、代表的なところでは、以上

| 告知 | 09時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2023年の振り返りと現状

かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

前回の投稿から半年が経過してしまいましたが、そこでも書いたとおり
「2023年は過去で一番、忙しい」という状況で余裕がまったくありませんでした。

コンテンツが多い現代だからこそ
「経験とノウハウのある会社に、しっかりIPや企画、シナリオやキャラを創って欲しい」
と弊社にご相談いただくケースが増えており「やはりそうなってきたか」と思う1年でした。

特にスマホゲームの場合は
「毎日楽しんでもらう為の(シナリオを含めた)設計」がちゃんと出来る方が少ない
「上手くいかなかったので立て直して欲しい/アドバイスをしてもらえないか」
という声をここ数年は、毎年のようにいただきます。

「ロジックと知識をないがしろにし感覚で創る方々」を信じすぎた、
それでは上手くいかないとようやく理解される、慎重になる方や会社が増えてきた――
そういうのをひしひしと感じる、業界にとっては良い傾向になっていると思います。

2024年もそうした
「真剣に、ちゃんと考えて作品を創っていきたい」と思う現場を助けたり、
ご相談に伺いつつも「一緒に新規IPを創っていく」というここ数年、
力を入れている仕事により、積極的に取り組んでいきたいと思っております。


気軽にご連絡ご相談、お付き合いいただけますと幸いです。



| 告知 | 14時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

会社のHPの更新

 「2023年は過去16年の中でも最大に忙しい」と既に言えるほど
 あちこち慌ただしい日々を送っていた為、半年も更新できずにいました。

 いろいろと告知する余裕すらなかったものも多いのですが、
 ひとまず法人のサイトをリニューアルした為、お知らせ致します。

 ■株式会社クオリア ライターズ
 https://www.qualiawriters.com/

 このブログは、もともと 「Qualia Writer」の前身である
 フリーのシナリオライター集団「Qualia(クオリア)」結成の際に作ったもので、
 法人化した後も組織としては残している為、更新を続けていますが
 会社としてのHPは少し前から上記に移しておりました。

 今後もしばらくは続けますので、あらためてよろしくお願い致します
(法人のほうは、上記サイトでしか掲載が許可されていないものもございます
 たまに拝見していただけると、幸いです)

| 告知 | 06時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

最近のお仕事

 毎月、更新できるぐらい各作品、各所で新しい情報はあったのですが
 あちこちバタバタと動き回っている関係で、このタイミングとなってしまいました。

 まとめてになりますが、最近のお仕事に関して、お知らせ致します。



■『キャップ革命 ボトルマンDX/タカラトミー、ガイナ』


 シリーズ構成、脚本、世界・キャラ設定協力と、
 全体的に前作から関わらせていただいている
 TVアニメ『キャップ革命 ボトルマンDX』――
 第27話から37話が放映・配信となりました。



  これまで正体がわからずにいた「ボトルキング」も登場し、
  専用機も明らかになったことから、盛り上がりは毎週、高まっております。

  大人はもちろん子どもたちにも楽しんでもらえているようでよかった、
  と嬉しく思っていますが、それもこれもアニメやホビーを「面白い」と
  遊び広めて下さっている、すべての方々のおかげで、頭が下がる想います。

  アニメもホビーもまだまだ続いていきますので、引き続きよろしくお願いします!




■『バースセイバー/サクセス』

ブラウザとAndroidで配信中のRPG『バースセイバー』――
こちらのイベントストーリーである「少女と悪魔と魔法の軌跡」の
世界設定協力、キャラ設定、後半のシナリオを担当させていただきました!
001.jpg

最後まで読んで下さったプレイヤーからは
「熱すぎた」「(百合の)関係が良い」など、
嬉しいご感想をいただいております。

「燃え」も「百合」を始めとする「キャラ同士の関係」の話も
下村の得意とするところである為「よかった」と、ほっとしました。

ADVをずっと創ってきた
サクセスさんらしい演出で「変身」も頑張って下さり、
より盛り上がれるものになったのではないか、と思います。

Android版も配信開始となりましたので是非、
機会があれば読んでいただければと思います。



■『エタクロニクル/bilibili』


 3D美少女陸海空メカRPG
 『エタクロニクル』
 こちらのキャラクター設定のお仕事を
 弊社Qualia Writersで手伝わせていただきました。

 

 bilibiliさんとは過去にも何度か
 ローカライズ関連でお仕事をさせていただいており。

 『陰陽師』以降、中国の会社様とも
 お仕事をさせていただくことがやはり多い、という状況になっております。

 一緒に企画から作ることもしています。
 どんな仕事でもだいたい対応可能ですので、気軽にご連絡ください。



■『スカイキャンパスラジオ/大阪芸術大学』


 母校・大阪芸術大学のスカイキャンパスラジオに
 卒業生として出演させていただいた際の動画が公開されました


 
 疲れが顔に出てたり白でなかったり今のnoteと比べ外見割と違いますが
 ゲームシナリオライターについていろいろ話してます。

 ゲーム業界の志望者、学生さん、
 新人さんは特に「なるほど」と思う内容かもしれません。

 下村が大阪芸術大学時代、
 どんな学生生活を送っていたか?
 どんな新人時代だったか?
 生業として成り立つ自信はあったのか?
 スマホゲームのヒットへはどう繋がったのか?

 今後の業界の将来についても話しておりますので
 是非、観てみてください。



以上。
来年もまだまだ発表されていく作品、お仕事があります。
スタッフともども気軽にお声がけ、お付き合いいただけますと幸いです。

| 告知 | 05時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お仕事関連のお知らせ

 いろいろ発表されたり、お知らせできるものがあったりしたのですが
 バタバタしていて、なかなか更新出来ずにいました
(昨日は数ヶ月ぶりに歯医者に行く余裕も、やっと出来ました)

.
■『キャップ革命 ボトルマンDX/タカラトミー、ガイナ』
 弊社クオリア ライターズで
 企画・世界キャラ設定協力、シリーズ構成、脚本
 ガッツリ関わらせていただいているタカラトミー原作のアニメ
『キャップ革命 ボトルマン』『キャップ革命 ボトルマンDX』――

 そのホビーが「年間10万個売れればヒット」の世界で、
 合計「130万個も売れる大ヒット」となった

 という記事が10月31日に公開されました

https://diamond.jp/articles/-/312022



Twitterでも少し触れたとおり
監督を始め開発や広報など、
プロジェクトに関わっているすべての方
(遊んだり感想を述べてくださった方々も含む)に頭が下がる想い。

本当に、ありがとうございます。

昔コロコロコミックで連載していた
『爆球連発!!スーパービーダマン』に弟と一緒にハマり、
タマゴやガンマたちに憧れて、
ペットボトルをマガジンにつけ興奮していた子どもだった自分が、
同じように楽しんでいた方々や今の世界の子どもたちが楽しんでくれる
作品、結果に関われたのは、とてつもなく嬉しく感じます。

スパビーやビーダマンが好きだった方も
今のボトルマンのホビーやアニメが好きな方も、合わせて感謝。


■現状と今後の情報

いろんな方に訊かれるのですが
最近はアニメやゲーム以外も、いろいろ挑戦させていただいております。

これまでも、こちらで述べてきたように
「企画・原作からお願いしたい」
「新規IPが創りたい、なにか良いアイデアはないか?」

といった相談は多く
ご興味を持って下さる会社様には
下村が会社様に合った企画書を作成・選出し、持ち込みを行う

ということもしております。

「常駐は出来ますか?」
「世界観・キャラ設定、シナリオ構成からガッツリ頼めます?」
「アドバイザー/コンサルだけでもお願いできないか?」


こういうご相談も、多いです。


スケジュールやスタッフなど、条件は常に流動しておりますので
少しでもご興味を持っていただけたら、気軽にご連絡ください
企画書が出来ていなかったり、お金が現時点では発生しない、
 仕事と呼べるかわからない状態でも、ウェルカムです

 一緒にコアから、二人三脚で創っていきましょう!)



今後も驕らず、コツコツ挑戦を重ねていきます。
クオリアともども、よろしくお願い致しますm(_ _)m

| 告知 | 04時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>